交感神経・副交感神経のバランスの大切さ

「自律神経」という言葉を

みなさんご存じだと思います。

jiritsusinnkei

 
その「自立神経」には
交感神経≫と≪副交感神経
があります。

交感神経≫は、車で例えると
「アクセル」

7a5f72f8ce2703f96ac0ce5a2b6f2bd5_s

副交感神経≫は、同じく車で例えると
「ブレーキ」

fae51628edd9450d0a825b4b613308f8_s

と表現できます。

この2つの「バランス」が

【心】にも【身体】にも大きく影響を及ぼします。

ここで言う「バランス」というのは
「いつも交感神経と副交感神経が同じくらいでなければならない…」
ということではありません。

1日のうち、
交感神経が優位」に働いている時
副交感神経が優位」に働いている時

この1日のバランスが大切になってきます。

☆1日の「自律神経」の大きな流れ☆

睡眠時は
副交感神経が優位≫な状態です。

朝目覚めていくにつれて
交感神経≫が働きだします。

日中は
交感神経が優位≫な状態へと移行していきます。

そして、また夜に向かうにつれて
副交感神経が優位≫な状態へと移行していきます。

この2つの「働きのバランス」がくずれていくと
心にも身体にも、よい影響を与えません。

では、
具体的に
どのようなことに気を付けていけばいいのか…

次の投稿でお伝えしたいと思います。

カテゴリー: ブログ